読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ラムネごっくんごっくん(*´ω`*)♥

ちょっとアレなことを書き溜めていきます。

松岡さんと付き合ったときのこと(完結編)

 

 

前回記事

http://gokkun-ramune.hatenablog.com/entry/2013/05/28/020602

 

--------------------------------------------------------------------------------------------------

 

「鍋食いてー!鍋!」

 

という松岡さんのリクエストにより、

適当に、雰囲気あるチェーン、みたいな鍋屋さんへ。

 

ちょうど個室。いい感じだぜ。

 

私がコートを脱いだそのとき。

 

「今日の服、春っぽいじゃん かわいい(ボソッ」

 

 

かわいい かわいい かわいい ←エコーがかかって聞こえた

 

 

間違いなく、松岡さんはボソッと、かわいい、と言った。

 

めずらしいいいいいいいい!!!

 

白ワンピースに白カーディガンを着てきたかいがあった。

 

私はとりあえず「えへへ」と返す。

 

松岡さんの服装はスーツだった。

詳しくはこの記事にて。

 

 

お酒とおつまみとお鍋、いろいろ注文して、乾杯。

 

この日、わたしは3つの話のネタを持ってきていた。

 

1つ目は、松岡さんに教えてもらったアプリ、使ってますよーという話。

2つ目は、Facebookに松岡さんがコメントをくれたネタ。

3つ目は、ネタではないけれど、どこか一緒に遊びに行きませんか?と言ってみようと思っていた。

 

 

しかし、松岡さんとの会話はいつも、

友達とバカな話で笑いあうような会話ではなくて、

いつもどこか「上司と部下の世間話」っぽい感じで完結してしまい、

1と2の会話はすぐに終わってしまった。

 

 

話題が終わると、間があくのが怖くて、

必死に話題を探して、振る。

 

 

「そういえば最近は何の動画観てるんですか」

 

松岡さんはよくiPadでおもしろい動画などなどをよく私に教えてくれていたのだ。

 

 

「んあ。最近っつーか前からだけど。ボカロはずっと観てる」

 

「あー、松岡さんボカロ好きでしたもんね」

 

「しかもね、最近は自分で作って投稿もしてる」

 

「えっwボカロPじゃないですかw」

 

「そうそう」

 

 

なんと松岡さんは「最近は」といいつつ、

思ったより前からボカロP、ミッツ・マングローブPとして投稿していたらしい。

※もちろん仮名である。

 

 音楽はずっとやってた、とは聞いていたけど。

 

 

作った動画も見せてもらったが、

いくつかは、すでにむかし松岡さんに教えてもらっていた動画もあった。

 

まさか松岡さんが作っていたとは知らずに、

「いいですねー!マイリストいれよー!」と、

はしゃいでいた自分を思い出す。

 

もしかしたら、あれが松岡さん的には結構うれしかったのかもしれない。

 

松岡さんの衝撃の事実が明かされ、

このあとはほとんど松岡さんのボカロ話を聞くこととなった。

 

 

松岡さんが作る曲は予想以上にえっち目な曲が多く、

この人、本当は変態紳士なんだろうなあ、などと思いつつ、

私は手羽先を食らっていた。

 

 

ひとしきりボカロの話が終わって、

恋愛の話になる。

 

「でさ、らむちゃんはどういう男がいいわけ」

 

「うーん、ちょっとひきこもり目な感じの人がいいんですよね」

 

「じゃあさ、それっぽいの何人か紹介するよ」

 

 

えっ・・・・

 

あ、紹介、はい、え、あ、うん。

 

やっぱり松岡さん、私のことそんなに好きじゃないんだなあ。

今日だって、適当に飲み相手がほしかっただけなんだろうな。

 

 

わかってたけど、やっぱりちょっとショック。

ショックがばれないように、がんばって会話をつづける。

 

「えー。ほんとですか。でも私、こないだ何人か紹介してもらったけど

全員うまくいかなかったんですよねえw」

 

「そうなのかー。なんか若いのでいいのいたら紹介できるけど。」

 

「期待してますw」

 

 

はー。そうだよね、そうだよね、

松岡さんと交際なんて、ずうずうしいのよ、らむね。

 

 

対する松岡さんは、

仕事関係の100人くらい集まる打ち上げで、

インターン生で参加していた学生の女の子に言い寄られたらしい。

 

 

「向こうは俺のこと前からカッコイイと思ってたとか言うんだけど。

 俺は向こうのこと全然知らねーしw」

 

「俺も酔っ払ってたから、あんま記憶なくて、

 詳しいことは人から聞いたんだけどw

 ずーっとくっついてきて、ガチっぽく誘ってきてたらしいの。

 でも俺もそこまでバカじゃねーから。

 さすがに相手が若すぎるし。

 とりあえずね、情弱っぽかったし。無理。」

 

 

学生積極的だな・・・

そしてやっぱり松岡さんモテるよね・・・

どうみたってカッコイイもんね・・・

 

 

落ち込みを隠しながら次の話題へ。

 

 

松岡さんのお休みの話題。

 

「今年、全然どこにも遊び行けてなくて。

 半年前に会社の奴らと紅葉見に行ったのが最後かも。

 パーッとどっか行きてえな。」

 

 

・・・!!

 

 

これは・・・デートフラグではないのか。

 

「らむねさん。それはね、キメてこなきゃだめ。」と言った、

大竹さんの顔を思い出す。

 

頑張って、言ってみた。

 

 

「じゃあ、どっか、一緒に行きます?」

 

 

断られたり、大人数で、ってなってもいい。

ドキドキして松岡さんの返事を待つ。

 

 

松岡さんはタバコをふーっとふかしきって、

ワンテンポ溜めて、言った。

 

 

「よし。行くか。」

 

 

ゴーン。ゴーン。私の頭のなかで結婚式場のチャペルが鳴った。

 

 

松岡さんとデートの約束を取り付けてしまった。

これは完全に勝ち!!!!!

 

 

 

「わーい^^ じゃどこ行きます?」

 

「ハワイ行きてえー」

 

 

えっ・・・

 

 

そこはディズニーランドとかさ・・・

富士急ハイランドとかさ・・

なんかそういう日帰りデート的なところじゃないの・・?

 

 

「えっ。私パスポートないんですけどw」

 

「まじでwwwwじゃどっか国内の温泉でもいくか。」

 

 

ていうか松岡さん付き合ってない女とハワイいけちゃう人なのか!?!?!

 

っていうか泊まり前提!?!?!!

 

 

もう松岡さんがよくわからない!!

 

 

結局、群馬の温泉に行こうという話になったのだが。

なんでいきなり風呂なんだ。やっぱり変態紳士!!!!

 

 

個室のお時間が終了したので。

店を出る。

 

 

雨はまだ降っていた。

また私は松岡さんの傘にいれてもらいながら、悶々としていた。

 

 

 

つづく。完結できなかったー><